SEO
対策

2012-20XX

簡単な作業でパンくずリストを有効化

Webサイトのコンテンツが増えてきたので、階層に分けてカテゴリを表示したい時に役立つのがパンくずリストです。
HTMLやCSSに関する知識がなければ、階層の設定を間違えてしまいパンくずリストが機能しない場合もあります。

そんな時にもワードプレスであれば外部機能を活用できて、管理画面を見ながら
パンくずリストの階層分けを短時間で行う事が可能です。

すぐできる

カテゴリの一部が存在しなくて、404エラーを返さないか確認する機能などもついており、
目当てのキーワードにGooglebotが反応しやすくなりseo対策の効果が実感できます。

パンくずリストはWebサイトの上部などに常に表示されているので、seo対策の効果が
高いとも言われており、初心者でも導入しておきたい機能の一つです。

カテゴリに設置するキーワードの選び方などは、自身で考えるか
コンサルタントと相談しながら決める必要があります。

サイト内リンクの修正を手作業で行っていた方々が作業効率を改善できるのも、
seo対策のためにワードプレスが活用されている理由です。

キーワードが過剰に使われていないか確かめる

多くの文章を掲載しているWebサイトは、コンテンツが肥大化するにつれて
一部のキーワードだけが過剰に並んでしまい、seo対策の効果が薄れてしまう事も珍しくありません。

効果が薄れる

seo対策のためにキーワードを羅列しているとGooglebotが判定すると、検索結果の順位を
下げられてしまう可能性もあるので、プラグインを活用する事をおすすめします。

コンテンツの読みやすさを確認するプラグインを利用すると、一部のキーワードが
過剰に使われていないか判定できて、seo対策を効率的に進める事が可能です。

Googlebotがどのキーワードに反応しやすい状態なのか、管理画面で一目で分かるおかげで
専門知識が無くてもseo対策を行えると言われています。

CSSやJavaScriptのコードを圧縮する機能を使う事で、Webサイトのコンテンツの読み込みを
高速化する事もできて、利便性を高めたい時にもプラグインは便利です。

SEO対策の目的   効果   リスティング広告   キーワード   検索サイト   ECサイト   インターネット広告   メリット・デメリット   ホームページ   費用   コンテンツ   便利なツール