SEO
対策

2012-20XX

SEO対策におけるサイトのコンテンツの考え方

seo対策として良質な記事を作成するとは言っても、
では何をもって良質な記事なのかという問題になります。

とりあえずは最近のGoogleの人工知能は
進化し続けているため、キーワードテクニックなどの手法で
サイトに誘導しようとするサイト運営者を避けるのがうまくなっています。SEOにおける問題点

もともとGoogleのアルゴリズムはたしかに検索ワードを含んでいる
コンテンツの数などの基準を設けていたと思われますが、
それはあくまでキーワードの数でサイト表示する方法が、
ユーザーの意図に合ったサイト表示に役立つという判断だったためです。

seoの目的はユーザーの満足度を高めることなので、
当たり前ですが、単に検索ワードを多く含んでいるだけの
無価値なサイトを表示したいわけはありません。

むしろそういったサイトは避ける必要があります。
そして実際にうまく避けるようになっているため、検索ワードを
含みすぎていると逆にマイナスに機能する可能性すらあります。

seo対策を行うサイト運営者とGoogleのseoのいたちごっこは
続いていました。その流れを断ち切りたいのがコンテンツseoです。

Googleは2011年以降大幅に機能向上されており、今はウェブ上の
隅々まで人工知能がトレースして判断しているとも言われています。

具体的に言うと、Googleにあるサイトすべてに目を通し、
ユーザーが検索したときに、あなたの知りたい内容のサイトは
ここです、というように提示しているような状態です。

Googleと相性の良いサイトとは

Google検索エンジンseo対策の方法は、Googleと相性の良いサイトを作成することです。
それには、検索サイトのアルゴリズムを分析や、Googleのホームページ制作ガイドラインに準拠する必要ことが大切になります。

例えば、デザインとコンテンツに関するホームページ制作ガイドラインには、シンプルな階層構造とテキスト リンクを持つ構造とするなどです。
技術に関するガイドラインには、Web Sarverが If-Modified-Since HTTP ヘッダー(コンテンツが変更された場合、
Web Sarverから 検索エンジンに通知)対応していることなどです。
品質に関するガイドラインでは、偽装行為や不正行為がなされていないなどです。

ガイドライン

Googleのガイドラインを意識することで良質なサイト作りにも繋がり、
その上で正しくSEO対策を取っていくことが鍵となります。

SEO対策の目的   効果   リスティング広告   キーワード   検索サイト   ECサイト   インターネット広告   メリット・デメリット   ホームページ   費用   コンテンツ   便利なツール