SEO
対策

2012-20XX

サイト運営に欠かせないSEOサービス対策。
今や溢れるサイトの中からあなたのサイトをユーザーの目に
触れさせる為には、必要不可欠な対策ともなっています。

対策を続ける

皆さん対策は既にお済みでしょうか。 まだという方もいるかもしれませんね。
ネット上でも検索エンジン最適化についての解説やノウハウが沢山紹介されています。
これらのノウハウを少しぐらいは目にしたことがあるのではないでしょうか。

最近ではホームページを作成する際にも、こうした
SEO対策についても解説しているものがあります。

ホームページの立ち上げと同時にSEO対策をしましょうというものですね。
とにかくSEO対策についての情報が溢れている状態です。

初心者向けのものから、事業者向けまで様々ですが、
まずはネットについての基本的な知識が必要です。

さて、こちらでは今更聞けない基礎の基礎や
疑問質問について解説したいと思います。

基礎的な用語から、そもそもSEO対策(京都seo対策ページ)って???
など、身近な質問にお答えします。

初心者でもわかりやすいように解説します。
これから始めるあなたも、既に始めているけど行き詰まっているあなたも・・・。

スッキリさせて効果的なSEO対策に取り組みましょう。
そしてアクセスアップをはかろう。

検索エンジン最適化の基礎知識|上位表示取り合いの歴史

検索エンジンで自分のサイトの記事を上位表示するための施策を示すSEOサービス対策は、まずは「量」からスタートしました。
多くの企業の方が、自社サイトをなんとなく上位にもってきたい、という感じで始まったのです。

最初は、記事数や文字数が多ければ多いほど、うまく上位にサイトを持ってくることができました。
なにはなくとも「量」で勝負ができていたのです。

しかし、単純な量の基準では、検索エンジンがよりよい検索結果を表示できなくなってしまいました。
上位にもってくるために、内容のない記事をだらだらと書く人が出てきたからです。

そこで、検索エンジンは、「たくさんのサイトからリンクが貼られていればよい」という基準に変更します。
人気のあるサイトは、多くのサイトからリンクをされているだろう、という考え方です。

そこででてきたのが、「被リンク対策」というもの。とにかくたくさんサイトを作ってそこからリンクを貼っていく方法です。
当然、それでは良い結果を上位に持ってくることができません。

そして、次に来たのが「キーワード」です。被リンク対策によるSEOサービスは「ブラックハット」と呼ばれて、ペナルティの対象になりました。代わりに、しっかりとキーワードを選んだ、文字数、記事数もちゃんとある記事が上位に来る、という展開になりました。

そして、「キーワード」の方法にも無理が出てきます。
記事内にキーワードだけを詰め込んだ「ワードサラダ」と呼ばれるような記事が出てきたり、同じような内容の記事が増えてきたりしたからです。

そして、検索エンジンは「キーワードの詰め込み」もペナルティの対象にしました。
中身のあるしっかりとしたコンテンツ、そして時代の流れとともにスマートフォンでの閲覧がしやすいモバイルファーストのサイトが上位にくるようになりました。

SEO対策の目的   効果   リスティング広告   キーワード   検索サイト   ECサイト   インターネット広告   メリット・デメリット   ホームページ   費用   コンテンツ